Google
 

2007年7月27日金曜日

エコライフ

みなさん、環境保護のために何か心がけていることありますか?

とろは、ペットボトルの水を買うのを止めて、フィルター付きのポットで濾過して飲むようにしました。ペットボトルの無駄をなくすため!

以前、トロントで買い物袋の使用が進んでいないと書きましたが、最近ようやくスーパーで99セント(100円くらい)で売られるようになりました。でも、各スーパーで独自のデザインの袋なので、他の所へは持って行きにくい。それに、小さくて1つじゃ間に合わないですね。やっぱ日本から持ってこないとダメだな。。。

さて、David Suzukiって方わかります?
世界的に環境保護とかで有名な科学者です。日系3世のカナダ人
こっちでは、テレビに出ていたり、コマーシャルとか、路上の看板とかで結構見かけます。
この家族、1ヶ月にゴミ袋1袋しかゴミを出さないらしい。すごいですよね!

彼の娘さん、Severn Cullis-Suzukiも父親と同じように環境問題に取り組んでいます。2002年には日本も訪れてます。
彼女が12歳の時、伝説に残るスピーチをしました。
6分ちょっとのスピーチで、ダイアルアップ接続の方には申し訳ないけど、字幕付きだし、ぜひ聞いてもらいたい!!!きっと何かを感じ取ることができると思います。
ここをクリック→12歳少女の伝説のスピーチ

みんなで、ちょっとずつでも環境にいいことをやっていかないといけませんよね。

4 件のコメント:

なつ さんのコメント...

みたよ〜。なかなか考えさせられるスピーチ!
私自身も持続可能なエコはやってますよん。それがロハスライフやね。うちはうちわ大活躍!(エアコンないだけなんだけどさっ)

とろ さんのコメント...

なつさん
ロハスライフ♪いいね。
私は、エアコンで体調崩すので、うちわ派です(笑)。
でも、こっちじゃ全館空調になってるから何処に行ってもクーラー効いてるよ。。。ロビー、廊下なんて23℃に設定してあるの!でも、うちは28℃に設定して、太陽が入らないようにブラインドしてま~す。

なつ さんのコメント...

そうそう!ハワイに行ったとき思ったけど、どこもすごい冷房がかかってるんだよね。留学の教室でも、マッサージの授業で服脱ぐのにとにかく寒くていつも凍えてたもん。あっちの人はマヒしてるのか・・・?
それとも皮下脂肪のせい・・・・????

とろ さんのコメント...

なつさん
皮下脂肪…可能性アリ!こっちはブルブル震えているのに、キャミソールとか短パンで平気そうだからね。
トロントの人は、寒いのは大丈夫だけど、とにかく暑いのが苦手みたい。だから、暖房は物足りないのよ、私には…。