Google
 

2007年5月26日土曜日

愚痴らせて~

人間、体が弱ると気も弱ります。

親知らずを抜いた後が辛い。そして、日本とカナダとの温度差も辛い。(気温じゃないよ!)

日本じゃ、様子見ながら1本づつ抜いて、丁寧なところだと後処置で消毒してくれたり、感染症を起こしていないか見てくれたりしますよね!?それが、カナダでは一気にすべて抜いちゃいます。感染症を起こしたらまた来て下さいみたいな状態だし。そのことだけでも、ちょっと。。。と思っていたのに。

相棒、周りの人に向かって「抜歯は、あっという間に終わったし、全然平気な様子。」だと話してます。

とろ、「私が麻酔切れて、痛みで苦しんでるとこも、気分悪くなって吐いてるとこも見てないくせに、簡単に言わないで。」

相棒、「でも、全然ひどい方じゃないよ。ひどい人は、頬が青くなるよ。」

とろ、「こんなに顔腫れてるじゃない!」

相棒、「いずれ治るんだから…。」

相棒、「お風呂入れば気分良くなるよ。」

とろ、(えっ?こんな状態で?頭ズキズキ、フラフラ、触れるだけで痛くて顔も洗えないのに・・・)
で、お風呂に入って、倒れた。

は~、この人とは解り合えないわ。。。

そして、毎週末のように相棒家族、友達と会っていることに気づく。やっぱり元の生活に戻ってる。。。

とろ、「こんな状態だし、物も食べられないから土曜の甥の誕生パーティー行かないよ。」
本当にまともに食事ができず、とろは、夢の中でおいしそうに食べていた…お母さんの煮物。

相棒、「16歳の大切な誕生日だから、行かないと駄目!行って横になっててもイイから。」

何でこうなるのよぉ~。

ちょっとは顔の腫れも引いてきたし、両親に顔見られても大丈夫、と思い、久しぶりにテレビ電話で話した。私の顔を見るなり、
「大丈夫か?すごい顔腫れてる。それじゃ、物も食べられないだろう。ちゃんと栄養とらないと。。。」
とろを心配する声と顔…しまった、顔見せるのまだ早すぎた。。。最初の顔見せてたら、きっとカナダまで飛んできていたかもしれない。

「日本人向きじゃない医者なんじゃない?」と、日本とカナダの歯医者の違いの話になり、日本人は繊細なのか神経質なのか、丁寧で、安い。という結論(とろの家族内だけで)に至った。

やっと、温度の合った会話ができたこと、必死に心配してくれたこと、ちょっと痩せた母親、テレビカメラの前でおちゃらける両親を見て、涙が止まらなくなった。。。電話を切って、わんわん声を上げて泣いてしまった。

相棒にとっちゃ普通のこと、なんで私がこんなに過敏に反応するかわからないらしい。

結論:国際結婚は大変だと言うことです!

5 件のコメント:

Mii さんのコメント...

大丈夫??Miiも顔見てみたかったなぁ(≧∇≦)Miiなんて…満月見て『Mii見たい』って言われたんだからぁ♪~( ̄ε ̄;)腫れてもないのにσ( ̄_ ̄)
辛くなったらいつでも帰っていらっしゃい∈( ̄o ̄)∋代わりにMiiがカナダへ( ´艸`)

nimo さんのコメント...

う~ん。やはり文化の違いはいろんなところで現れてくるんですね。医療も同じく。これは仕方のないことなのかなぁ。でもそれは仕方ないにしても相方の配慮が・・・。
違う国で違う国の人と暮らす難しさをすごく感じます。
ブログで少しでも気が紛れたらいいんだけど。。
あっ。私も始めました。メールでおくったから。。

とろ さんのコメント...

miiさん
私の顔、満月どころではなかったよ!首も無くなるくらい…。なんか、ホラー映画に出てくる人みたかった(笑)。
今度の帰国は、片道切符にしようかしら!?

nimoさん
ホント、異国の人と暮らすのは大変ですぅ。。。
『nimoのこころの日記』早速おすすめに追加しておいたよぉ~。コメントも入れておいた!
お互い、思いの丈をブログにぶつけよー♪

なつ さんのコメント...

おおお、やっぱり温度差というのはなかなか埋められない溝なのね・・・。繊細さは日本人の専売特許というか、その細やかさというのは大風呂敷の外人さんには理解不能なことも多いんだろうなぁ。
とろがツライ想いをしている、ということだけでも相棒に理解してほしいところだね。

とろ さんのコメント...

なつさ~ん
そうなんだよね、ツライ気持ちだけでも理解してもらえたら…。ううぅぅぅ。。。
でも、私も相棒の考え理解できない!したくない!!!
と言うことは、お互い様なんだろうね…。