Google
 

2007年11月30日金曜日

オンタリオヘルスカードの申請

本日、ようやくオンタリオヘルスカードの申請に行ってきました。

持参したもの。。。

  • Medical Check のコピー(Immigration Canadaに電話して、フランス語につながって、英語で頑張って説明して、郵送してもらったもの)その時の日記はこちら→オンタリオヘルスカード
  • Immigration Canadaからのレター
  • パスポート(サインの証明のため)
  • 運転免許証(住所証明のため)
  • Working visa(念のため)
  • 申請用紙(現地でもらって記入できるが、ホームページから印刷して記入して持参。この方が楽です!)

午前中の早い時間に行こうと思っていたのに、朝は起きられないし、もたもたしていて、10時過ぎに家を出た。

到着してみると、そんなに混んでいない様子。ほっ

案内の男性はとても親切。珍しい!さい先いいかもしれない!

しかし、待てども一向に順番待ちの番号が進まない。。。職員は10時の休憩時間かしら?

ようやく窓口を開けてくれたものの、コーヒー飲んでる人や電話してる人など。。。

とろの番がやって来た。相手はちょっと太めの女性。

とろ 「Hi!

と挨拶をしたのに、無視。。。

その後も目も見ない、説明も殆どなし、顎で人を動かす。

カードに載せる顔写真を撮る時も言葉もなく、どの瞬間で撮られたのか不明。。。すごい顔になっていたらどうしよう

嫌々仕事をしているのが見え見えの人でした。お役人仕事だから笑顔を見せろとまでは言わないけど、なんなんですか!あの態度は!

サービスの悪いカナダに慣れてきたとはいえ、やはりあまり気分のいいものではありません。

2 件のコメント:

こっひ〜 さんのコメント...

あたしのときも愛想の悪い女の人だったよ。
窓口に呼ばれて行ったら、誰か係員と話してて「すごく寒いのよ、こんなに」って、暖房のことで文句を言ってたみたいで。
聞きたいことがあったんだけど怖そうだからやめておいた。
お役所仕事の女性は特に、愛想悪い感じがするね。いやだいやだ

とろ さんのコメント...

こっひ~
そうだよねぇ。ほんとに愛想悪くって、ダラダラしていて。カナダ人はなんにも感じないのかねぇ。
いやだいやだ。