Google
 

2007年4月12日木曜日

運転免許証

カナダに到着して2日目ですでにホームシック。。。日本語が全くない世界に変わった。 言いたいこともうまく伝えられず、相手の言葉もチョットしたところで理解できず、愚痴を言う相手もおらず、昼間は一生懸命に頑張るが、夜になるとが出て止まらない。

急な引っ越しのため、住む場所も決まっていなかった。とりあえず、相棒の友達夫婦宅に1ヵ月ほど居候させてもらうことに。相棒はカナダ到着2日後には仕事を始めていたので、日中はその友達と3ヵ月になる息子と過ごす。友達とは何度か会ったこともあり、英語しか通じないけど、カナダでの友達第一号!歳も近いし。

まずは、時差ボケとの戦い。。。毎朝4時には目が覚め、午後3時くらいになるとどうしようもない睡魔が襲ってくる。それでも友達が毎日外へ連れ出してくれるので、なんとか体を慣らすことができた。

日本での生活は、ひたすら仕事中心。趣味=仕事だったので、することのない毎日に焦る。何もやりたいことが見つからない。同じ仕事に就きたいが、カナダでもう一度勉強しなおして試験を受けなければいけない、それも…英語…。

はぁ~考えるだけで頭痛くなるっ!!!



とりあえず、今できること ということで、自動車の運転免許証をとることに。

まずは、トロントの日本領事館へ行って違反歴等の有無などの必要証明書の発行依頼。1週間程でもらえ、それを持って指定の運転免許センターへ行った。視力検査、住所等の記入、免許証用写真撮影をその場(ホワイトボードがそれぞれの窓口に置いてあり、その前に立ってパチリ!でおしまい)で行い、お金を渡して終了!あっという間だった。

カナダの自動車免許取得は、日本人にとっては簡単。また、カナダ人が日本の自動車免許を取るのも簡単!普通、外国人は、ペーパーテストやドライビングテストを受けなければならないらしい。ちなみに、知り合いのオーストラリア人はかなり苦労してました。

カナダでは、16歳に免許を取れるが、その後徐々に試験を受けてランクを上げていくそう。それに伴って保険料金とかが安くなる仕組み。それが、日本人の私は、2年以上の運転経験とかゴールド免許ということで、すぐに最高レベルの免許証をもらえてしまった。

まっ 私の場合は、運転するためというよりも身分証明のために持ち歩くという感じ。たとえばBar(30過ぎてても未成年に見られるときがありますぅ)に行くときとか、銀行とか、何かの証明書をもらうときとか…。
そうそう、未成年で思い出したけど、親戚や友達一家と競馬ディナーに行ったとき、当時10歳の相棒の姪と競馬コースの近くで観戦していると、明らかに年下の係員に大人同伴なしでコース付近まで来てはいけないと注意されちゃいました。何も言い返せなかった。。。食事もできるところなので、子供入場OKだけど、コース付近には大人同伴じゃないといけないらしい。


言葉も未熟、見た目も子ども、周りからは完全な子供扱いされてます。。。グスン

2 件のコメント:

なつ さんのコメント...

とろちゃんは見た目がかわいらしいから、なおさらカナダ人から見ると子供、なんだろうなぁ。
(日本でも30過ぎには見えないもん・・・)
お酒飲みたいときとかはちょっと面倒かもね☆

それにしても競馬ディナーって!?競馬見ながらディナーが出来るの??

とろ さんのコメント...

なつさんへ
返事を入力したつもりが、入ってませんでした。失礼。

競馬コースに面して、ガラス張りのブッフェスタイルのレストランがあるの。みんな食べる食べる…こうして私の胃は鍛えられていくのでしょう(笑)。