Google
 

2008年9月14日日曜日

第1回 紅葉便り

昨日土曜日、ドライブがてら紅葉の様子を見てきました。

最初に向かった先は、相棒両親宅。じーさんネコに挨拶しに行ってきました。玄関に入って名前を呼ぶなり走って飛んできて、「みゃ~お みゃ~お」と大歓迎♪

外へ連れ出してもらえると思ったらしいのですが、写真を撮るだけだったので、ちょっと不満顔!?

相棒両親と軽くコーヒー、ドーナツを食べ、とろ達はドライブへ出発。

途中でこんな看板を見つけました。


周りには農地が広がっています。トラクターと自動車は譲り合いの精神で通りましょう! 

道の所々で紅葉が目に入ってきます。今年の夏は雨が多かった。。。なので、赤色の葉っぱが目立ちます。

すでに、落ち葉が溜まっているところもあります。

ここは、Suttonという小さな町です。とってもオシャレなお家が湖沿いに並んでいました。

偶然通りかかって見つけた教会。石でできていて趣があります。

実は、この教会の敷地内にある墓地にStephen Butler Leacock が眠っています。

イギリスから家族で移民してきた、カナダ人の作者。
とろも相棒も彼の作品を読んだことはないが、世界的に有名なユーモア作家らしい。

彼の墓地からはシムコ湖が見えます。
この日はあいにくのお天気でしたが、穏やかで水の透明度は最高でしたよ。


そのうちカラフルな紅葉をお届けしますね。

3 件のコメント:

へむっこ さんのコメント...

SUTTONはしょっちゅう通過します。もうばっちり紅葉してるのね。
SUTTONの先のBLEABENという街に行く途中の道に沢山の靴が鳴ってる(くくりつけてある)木があるの。それもボロ靴。。。
毎回通るたびに何の意味があるんだろう。。?と疑問なんだけど見たことある?

へむっこ さんのコメント...


間違えた。BREAVENじゃなくて
「BEAVERTON」だった。しゅっちゅう行くゴルフ場がそこら辺なんです。

とろ さんのコメント...

へむっこさん
やっぱりへむっこさんは、あの辺馴染みでしたか!あちこちでゴルフ場を見かけたから、来たことあるんじゃないかなーって思ってました。この日もあいにくの天気の中たくさんの人がコースを回っていました。
ボロ靴の木、多分同じものじゃないけど見たことある!あと、車のナンバープレートの木も!カナダ人の趣味!?