Google
 

2008年7月28日月曜日

Sudbury

キャンプ場を後にして向かったのが、更に北のSudbury。
相棒の友達の実家があるので、そこで1泊お世話になるためです。


キャンプ中に溜まった洗濯物をコインランドリーで済ませ、最初に向かったのがThe big nickel。

ニッケルの採鉱で有名なSudbury、ここを外すわけにはいきません!

名前の通り、大きな5セントがシンボルです。


中は、いろんな石についての説明や、展示、クイズなどがあり、
決まった時間に映画上映もあったりで、夏休みに子供と1日過ごすにはいい場所かも。

ヘルメットをかぶって、地下まで降り、歴史、使用器具、採鉱の方法、休憩場、トイレなどを説明付きでまわります。
洞窟のようで、ひんやり(上着がないと寒すぎ!)。
とろ達のようにさっと流して見る人にはちょっとお高い料金でしたが。。。
詳細はこちら→Dynamic earth

ここで、何よりも印象に残ったというか、ショックだったのが、
体重計があり、あなたの(ニッケルでの)金額を計算して出してくれるというのがありました。
さっそく乗ってみると…
なっなんと、日本にいた時より体重が5Kgも増えてました。
ええ、お腹が出てきているのには気付いていました。
ジャンクフードのせいか、ダラダラ生活のせいか、、、、ダイエットしなくちゃ。。。


こちらは採鉱に出入りしている貨物列車。


Sudburyは30年ほど前、工場の排煙の影響で酸性雨が降り、木々が枯れてしまったそう。
だから背の高い木や森があまり目立ちません。

木々の再生のための努力のお陰で随分と緑が戻ってきている感じでした。

相棒の友達のお母さんが一人暮らししているお宅へ向かいました。
Long lakeというなが~い湖沿いにあるお宅。
周りにはコテージが建ち並び、毎日が休日のような時が流れていました。

相棒の友達、なんと、ボートを所有!
ということで、乗せていただきました。
この辺りにはセレブばかりがお住まいなのでしょう。
自家用水上飛行機が止まっているお宅が見えます。


翌朝、例の飛行機が水上から飛び立つ瞬間をキャッチ。


お隣のボート置き場の周りを走り回るGroundhog(ウッドチャック)を発見!

ちなみにこの動物、冬の間は冬眠するんだけど、冬眠から目覚める日を境にして春が来ると言われているの。2月2日がGroundhog Day。まだ全然寒いんだけどね。。。

相棒の友達夫婦が夜景を見られるようにと車を走らせてくれました。 
実は、絶好のスポットがあったようなんだけど、最近開発が進んでいて(ホントにあちこちで工事現場を見かけた)そこへは辿り着けませんでした。
見ることができた夜景がこちら↓


もっといい場所はないかと車を走らせ、住宅街へ。
どんどん家が造られるようで、石が積み上げられた空き地を発見。
よじ登り撮った写真です。

毎晩決まった時間になると、工場から赤い煙(高温)が上がるそうな。


おいしい手料理を出してもらい、久々にベッドで眠れ、熟睡できました。。。(キャンプ帰りだからね)

今回の旅で一番期待していたことは、野生の動物に出会うこと。

道端にはあちこちムースに注意やシカに注意の看板。

しかし、とろはまだお目にかかったことがない。

相棒が、「こんな景色の所にムースがいるんだよ。」と言うもんだから、キョロキョロと忙しく助手席に座ってました。

途中見かけたNipissing lake。

五大湖じゃないのに、これまたでかい湖です。

あちこちに湖だらけ。。。

左側に写っているのはシニアホーム。すごい高級感が漂っています。。。

Sudbury、みどころはまだまだあるようです。

詳しくはこちら→Sudbury

Sudbury、丘がたくさん、人が親切な街でした。

さて、ムースやシカに会えたのでしょうか?Algonquin Park編をお楽しみに♪

2 件のコメント:

なつ さんのコメント...

湖のある景色ってほんときれいだよね。それにしても何ですかセレブさん、レベルが違うわ〜。

てか何ですかとろちん、5キロって・・・うちらぐらいになると出た腹を
引っ込めるのはなかなか難しくなって・・・あああ、私もダイエットがんばるわ〜。

とろ さんのコメント...

なつさん
ほんと~に、セレブって違うわ。
湖畔沿い、ボート所有者は当たり前。
自家用水上飛行機って一体???の世界でした。それでも、そんなに目をむくほどのセレブじゃないらしいよ。

食事ダイエットはかなり難しく…動いて消費量を上げる方向で頑張ってみます。